タグ別アーカイブ: 金商無し

悪質投資顧問会社にご注意

多くの業者が金融サービスを提供している現状で、気をつけなければならない事があります。

株式投資情報を、ホームページ上やメールなどを通じて提供している業者がありますが、これらの業者が、監督官庁で正規の登録を行っているかどうかを確認することが大切になります。

投資顧問会社として株式投資情報などを顧客に提供する場合、金融商品取引業者としての登録を所在地の財務局で行う必要があります。

財務局で登録を行っている投資顧問会社は、「金商」や「金商番号」と呼ばれる番号を交付されており、ホームページ上の会社概要部分や、ウェブサイトの一番下のところに記載されていることが一般的です。

株式投資情報を提供している業者のホームページで、金商や金商番号が掲載されていない金商無しの悪質投資顧問会社である可能性があります。

金商無しで株式投資情報を提供することは、法令違反に該当しますので、金融庁や財務局などに報告の上で、適切な処理を行ってもらう必要があります。

投資顧問会社は、金融情報を提供することによって手数料を顧客から受ける業務になりますので、監督官庁である財務局や証券取引等監視委員会が、必要に応じてモニタリングを行っています。

金商無しの悪質投資顧問会社には、監督官庁のモニタリングが入りにくいため、最初から取引を行わないことが重要になります。

金商無しのホームページになっている悪質投資顧問会社とは、連絡を行わないということがポイントです。

また、金商がある場合であっても、その投資顧問会社が金融商品取引業者として正規に登録を行っているかどうか、金融庁や所在地がある財務局のホームページやウェブサイトでダブルチェックを行えば、より確実にチェックすることができます。