タグ別アーカイブ: 指値

多忙な投資家でも利益を出す事は可能

会社勤めなどをしていて、時間が取れない人でも勝つことができるのも、投資の魅力の1つとなっています。

時間をかけられない場合には、テクニカル分析を中心として投資ノウハウを磨いていくべきです。

会社の業績やその推移、決算状況などを分析するファンダメンタルズ分析では、投資対象を1つに絞り込むだけでも、膨大な時間を必要とするからです。

それに対してテクニカル分析では、チャートの形やその推移、ボリンジャーバンドなどの各種指標をみることで分析ができます。

もちろん、中・長期での投資ではファンダメンタルズ分析も必要です。最悪の場合、投資銘柄が上場廃止や悪材料によって急落するリスクがあります。

そうした不測の事態を回避するために、ファンダメンタルズ分析は欠かせません。しかし、要する時間は圧倒的にテクニカル分析の方が短く、時間効率はよいです。

さらに、日中相場に向き合えない人であっても、指値によって指定した株価になったら自動で注文を出すことができます。

また、不測の事態に備えて、逆指値を使用することで思わぬ損失を回避できます。

指値とは、発注の株価を指定して注文を出す方法です。

例えば、今ある銘柄の株価が490円だったとしたら、500円になったら買い、または売りの注文を出すようにしておくことができるということです。

これに対して、逆指値は買った後、または売った後に保有銘柄を売却する注文方法です。

例えば、順調に推移している株価が突然、急落することがあります。

それに備えて、この株価を割ったら自動的に売却するように、予め注文を出しておくことができるということです。

現在では、大半の証券会社で指値と逆指値が行なえるようになっています。

これらの注文方法を活用することで、日中相場を見られない人であっても、リターンとリスクの管理ができるので、投資で利益を出すことができます。