投資顧問会社とは?

投資顧問会社は、顧客が行う有価証券取引やデリバティブ取引などに対して投資助言を行ったり、投資家に変わって実際に運用する会社のことを言います。

なお、顧客は個人投資家であることもあれば法人であることもあります。

投資家から人気を集めている投資顧問会社では、過去に証券会社に勤めていたアナリストや実績のある個人投資家が在籍しているケースがほとんどです。

そして、投資顧問会社のスタッフは常にマーケットを監視しており、市場分析やチャート分析を得意とします。

例えば、市場分析は通貨価値や債権価格の動き、先物市場や海外市場の動向、企業の財務状況などさまざまなアプローチから行われます。

また、チャート分析についても1つの指標ではなく、一目均衡表やボリンジャーバンドなど多数の指標でもって判断していきます。

そして、これらの分析に基づいた結果を、投資家に情報として提供するのが投資顧問会社が行う投資助言です。

投資で勝つためにはある程度の勉強が必要と言われていますが、時間のない投資家に代わり、これらの分析と情報提供を行ってくれるのが投資顧問会社と言えます。

これらの状況を踏まえると、株式投資を行う方にとって投資顧問会社はたいへん有益です。

その理由の1つは、株式では銘柄数が多く、自力で情報収集するのは困難だからです。

また、先物市場やFX市場と異なり、株式のマーケットは午前9時から午後3時までです。

サラリーマンやOLの方々はマーケットのチェックが行いにくいですから、投資顧問会社を活用するメリットは大きいと言えます。

このように、投資顧問会社はあなたの良きアドバイザーとなってくれる可能性があります。

ただし、実績や在籍するスタッフの力量などを調査することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です