銘柄選びのポイント

日本株を購入するときの銘柄選定は、自分の投資目的によってもかわってきます。

たとえば、長期保有が目的なら、ある程度優良株と呼ばれるような大きな会社の銘柄などを選んだ方がよかったりします。

長期保有が目的なのに、値動きの大きい株式を選んだり、ベンチャー企業など、倒産リスクの大きい銘柄は選ぶべきではありません。

長期保有が目的なら、配当金が貰える企業の方が、保有していてる楽しみもあります。

逆に短期で利益を狙うなら、ある程度値動きのある銘柄を選んだ方がいいです。

短期で売買するなら、ある程度リスクが高い株式を購入しても、短期で利益を上げられる可能性があります。

また、株主優待が目的なら、自分が欲しい株主優待を貰える銘柄を選ぶべきです。

このように人によって、株式の投資目的が違うので、日本株を購入するときの銘柄選定は、その投資目的によってかわってきます。

ただ、共通して言えることは、株式は安く購入して高く売るのが基本です。

株主優待が欲しいからといって、株主優待の権利確定日に高い株価で慌てて購入すると、株主優待以上の損失を出してしまう結果になりかねません。

銘柄選定も大切ですが、その銘柄の株価が買い時なのかそうじゃないのかを、しっかりと見極めることが大切です。

どんなに将来性があって、良い企業の銘柄を選定しても、その企業の実力以上に高い株価の時に購入しては、利益を期待するのは難しかったりします。

購入した後に売るに売れなくなり、不本意ながら塩漬けになってしまう結果になりかねません。

日本株を購入する時は、自分の投資目的にあった銘柄選定をし、選定した銘柄の株価をしっかりと見極めて、買い時に購入することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です