株式投資で勝つための実践戦略

日本株を売買するときに、まずは基本的なチャートの見方を学びましょう。

今が安いのか、高いのかを長期スパンで見ていきます。

しかし、それだけではありません。

日本株全体があがっているのかを見極める必要もあるでしょう。

実際に株を買おうと思ったときに、その株式が実際割安なのか割高なのかを見極める必要があります。

その指標として、PERと呼ばれる株価収益率、PBRと呼ばれる株価純資産倍率の二種類の指標が主に参考にされるでしょう。

PERとPBRが低ければ割安株と称されます。

買いたいと思う株があれば、その株の指標を見てみましょう。

ただ、これらの指標が低い株はそれだけ注目されていない株でもあります。

そのため、注目されるまで待つか、注目されたタイミングで買うかの二つの方法を選択する必要が出てくるでしょう。

前者であれば上がった時の利益は高くなりますが、それまで資金が拘束されることになります。

後者であれば利益が思ったように得られないのと、買うタイミングによっては損をしてしまう可能性があるでしょう。

上がっている株や下がっている株をチェックして、その値動きの理由を分析することも重要です。

ニュース等でピックアップされているのを実際に読んだり、会社のホームページ等にニュースが掲載されていれば実際に目を通してみましょう。

そのニュースに対して、この株がもっと上がる可能性があると読めば株を買う順張りや、下がっているが下げ過ぎではないかというタイミングで購入する逆張りの2種類の投資方法を選べるでしょう。

ニュースに反応している場合は、その上がった株価で維持できる場合もありますが、反動で大きく下げる可能性もあることもあります。

そのため、ニュースが長期的なものか、一時的なものかの見極めも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です